アンサンブル ポロッコリーのブログ

鍵盤ハーモニカ四重奏のアンサンブルグループ。“ジャンルにとらわれない古今のいい音楽を演奏すること”をモットーに、幅広いレパートリーをオールオリジナルアレンジでお届け、関西を中心に各地のライブやイベントに出演しています。出張コンサートや音楽鑑賞会などのご依頼も受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

《鍵盤ハーモニカ四重奏》のアンサンブルグループです!
最新情報はfacebook、Instagramで随時お知らせしています。

2nd アルバム「The Proccoli」好評発売中!

♪ウェブサイト
http://proccoli.iinaa.net/

♪出張コンサートや音楽鑑賞会のご依頼も承っております。
e.proccoli★gmail.com
(★を@に変えてください)


≪大人のための鍵盤ハーモニカ教室≫
NHK文化センター神戸教室 http://www.nhk-cul.co.jp/school/kobe/
 月1回 第1土曜日 15:30~16:50
(梅田教室についてはお問い合わせください)

NHKカルチャーセンター梅田教室
「大人のための鍵盤ハーモニカ教室」
5月12日(土)開講しました!


8名もの方が参加を申し込んでくださいました!

初回なので簡単な自己紹介をしていただきましたが
みなさん気さくな方ばかりで、とっても意欲的。
みなさんの意気込みから、パワーをいただきました!

40~70代と幅広い年齢層の方がいらっしゃいますが、
こうしてわざわざカルチャーセンターに申し込んで
いろいろ学ぼうという前向きな姿勢をお持ちの方々なので
みなさんとにかく若い!!ステキなことですよね~。
こんな風に私たちが逆に教えていただく場面も多そうです。

私たちも負けないように
鍵盤ハーモニカのたのしさ、音楽のすばらしさを
お伝えできればと思います!


受講生を引き続き募集していますので
途中入会、見学など、随時お問い合わせください。
また小学校、地域サークル等への指導の御依頼も承っております。
お気軽にお問い合わせください。




鍵盤ハーモニカって、
全世界的にみてどんな位置づけなのでしょう。
ポピュラーな楽器なのか。
マイナーな楽器なのか。

海外製の鍵盤ハーモニカは入手ルートが限られるし
そもそも情報があまり得られないので
さほどポピュラーな楽器じゃないのかしら??と思うことも多いです。

海外製といえばドイツのホーナー社ですが、
ホーナーのラインナップを見ていると
モデルチェンジがわりと早いな…と思います。
つい最近まであったのに、気づいたら生産中止とか。
過去にあったユニークな楽器がもう手に入らないとか。
次々に新しいものを出すほうが儲かるんでしょうかね。


こちらはお隣の国、韓国「Samick社」の鍵盤ハーモニカ。
ものすごく気になってるんですけど
現時点ではどうやら日本では入手できないみたいです。
Samick社は日本でいうところのヤマハみたいな
きわめてポピュラーな会社らしいので、
韓国の楽器屋さんとか行けば売ってるのかな?

37鍵でトランペット型マウスピース。
そしてこの配色!
メロディオンやピアニカに比べて音はイマイチ
というネットレビューがありました。
どんな感じかな~。
欲しいな~。


こんにちは、きっしーです。

先日、メンバーから誕生日プレゼントに
「ブロッコリーのスープ」なるものを貰いました。
ポロッコリーのスープ
食べかけの写真で少しわかりにくいですが。


ブロッコリーといえばポロッコリー!
「ポロッコリー」は「ブロッコリー」が語源です。

ちょうど4年前の春、
我が家でユニット名を決める会議をしていました。
鍵盤を楽しく弾く様子「ポロンポロン」を
入れたいね~という案が出たのはいいものの、
なかなかしっくりくる言葉が見つからず、
いったん休憩タイムをとることに。

我が家のご飯には、
家の小さな畑で採れた季節の野菜が出てくるのですが、
特に、この日は採れたてのほうれん草がたっぷり!

「これ、家で採れたん!?」
「めちゃヘルシー♪」
「そうそう。今はブロッコリーも作ってるよ~」
「ブロッコリーも!?すごいなー」

というような会話から…

ブロッコリー…ポロンポロン…ブロ…ポロ……ポロッコリー!

こうしてブロッコリーからポロッコリーが生まれたのです!
実話です。



そんな思い出にひたりながら
ふと、スープのビンのうしろを見てみたら。
ほうれん草も<br />入ってる!
「ブロッコーリ」だって(笑)
原産国のスペイン風に読むとそうなるのかしら?
ちなみに、スペイン語では「brócoli」と書くみたい

ポロッコリーの綴りは、
ブロッコリーをもじった「prócoli」なので、
私たちもあちらに行ったら
「ポロォッコーリ!!」 (prócoli は巻き舌で)
なんて呼ばれちゃうのかも…?笑



-------------------
鍵盤ハーモニカ講座では、見学の方も受けつけています。
まずは一度覗きにいらしてくださいね。

『大人のための鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)教室』受講生 募集中!
5月よりNHK文化センター梅田教室にて、鍵盤ハーモニカの講座を担当します。
初めての方から経験者までお気軽にご参加ください。
一緒にアンサンブルを楽しみましょう!

講座のご案内はこちら
★お申込み・お問い合わせはNHK文化センター 梅田教室へお願いします
 TEL 06-6367-0880
 ホームページ http://www.nhk-cul.co.jp/school/umeda/




この間、持っている唄口(マウスピース)を並べてみました。

唄口(マウスピース)

本当に色んな種類がありますよね。
この中から、自分に合うものを選びます。
楽器ごとに、また演奏する曲によっても吹きわけたりしています。

講習ではそんなお話もしたいなと思っています( ´ ▽ ` )ノ
ぜひ覗きにいらしてくださいね!


『大人のための鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)教室』 受講生 募集中!
5月よりNHK文化センター梅田教室にて、鍵盤ハーモニカの講座を担当します。
初めての方から経験者までお気軽にご参加ください。一緒にアンサンブルを楽しみましょう!

講座のご案内はこちら
★お申込み・お問い合わせはNHK文化センター 梅田教室へお願いします
 TEL 06-6367-0880
 ホームページ http://www.nhk-cul.co.jp/school/umeda/




大阪府下、および近郊にお住まいのみなさま
本日の4大新聞の折り込み広告に
NHK文化センター梅田教室のチラシが入っています!

数々の興味深い講座の中にまじって
チマチマっと、ポロッコリーの講座も載ってますので
ぜひ見つけてくださいね。

初回開講日が4月→5月に変更しております。
まだまだ受付中ですので、
お友達をお誘いあわせのうえ
ぜひぜひご参加ください。

土曜日お昼の講座ですから
平日はお仕事をされているビジネスマン、OLさんも大歓迎。
講座が終わると3時のおやつの時間ですから
お茶して帰る・・・なんてのもいいですね!

鍵盤ハーモニカは誰でも簡単に吹けて
なおかつ、なかなか奥の深い楽器です。
楽器初心者の方も、鍵盤楽器・吹奏楽器の経験者も
いっしょに楽しく学びましょう。

なにかご質問や気になることなどございましたら、
メールでお問い合わせください。
 e.proccoli★gmail.com
 (★を@に変えてください)




わたしたちポロッコリーメンバーは
今は「ハモンド44」をメインに愛用してますが、
かつて「メロディオンM-37」を吹いてました。
このメロディオンM-37には「トランペット型唄口」が標準装備でついています。

トランペットなど金管楽器でおなじみの形のマウスピースです。
(実際バジングもできる。)

このトランペット型、別の形の唄口と吹き比べると、
吹きやすさが実感できます。
息のコントロールがしやすいし、
アンブシュアがくずれないし、疲れない。
個人の好みや吹きやすさはそれぞれだと思いますが、
かよこ&あいはかなり自信を持って
「トランペット型は吹きやすい!」と断言いたします。

ところが、かよこ&あいが普段使っているのはコチラ。

これは「アンデス25」に標準装備のS字型唄口。
グースネックと呼ぶ人もいます。
これは、息のコントロールがどーのこーのと言うよりは、
楽器を構えやすいのが最大のポイント。(ハモンド44の場合)
鍵盤がちらっと見える感じで吹けるのが良いのです。

このS字型、肝心の息のコントロールにはやや難があります。
先端部分が細くて小さいので、
なんとなく、唇や頬に力が入ってしまう感じがします。

そこで我々が思ったのは【トランペット型×S字型】の唄口!
これがあればパーフェクト!!

っていうのを、けっこう前から妄想半分、冗談半分、
(でも実は本気)でほしいほしいと言ってたんですが…
とうとう!ついに!できてしまいました!!!

じゃじゃーん!!

ふっふっふ。特注品です!
勝手に【ポロッコリーモデル】と言っちゃいましょう。



先日鈴木楽器の表敬訪問させていただきましたが、
あいちゃんとかよこは
「このチャンスで工場の人にマウスピースのことを熱烈に訴えよう!」と決めていました。
(これがメイン目的と言ってしまってもいい…。)

ミニライブのあと、ついに訪れたそのチャンスで、
かよこ&あいはトランペット型とS字型の良さを猛烈にアピールしまくりました。
そしたら数日後、鈴木楽器からこの夢の唄口が送られてきたのです!

いつもお世話になっているKさんからは
「私どもの専務が皆さんの演奏に感動して『すぐに作れ』と指示してくれたものです。
鈴木楽器一同からのプレゼントとして受けとってください。」というメッセージ。
専務さん、鈴木楽器のみなさま、ありがとうございます!感激です☆

やっぱりトランペット型は吹きやすいです。
唇と頬に余計な力が入らないので、息のコントロールが抜群にいいです。

大切に使って、表現に一層の磨きをかけていきたいと思います!



トランペット型唄口、ほんとうに吹きやすいので
ケンハモ吹きのみなさまは、ぜひ一度試してみてくださいね。

先日の鈴木楽器本社表敬訪問での
ミニライブの様子。

eaddb404.jpg

総務の方が撮ってくださっていた写真をいただきました。

ミニライブの会場は、本社のみなさまの食堂!
机のすみっこにふりかけが置いてありました。

7824a5a9.jpg


本社での演奏なんで、
鈴木楽器が誇るバスオルガン、
重量50キロのバスマスターくんをお借りしたんですが、
私らが持ってるのとちょっと違う・・・。
このオレンジ色なんかお洒落じゃない?

ステージでバスマスターくんを使うの久しぶりやったけど
やっぱバスマスターの音は良いな~。
50キロあるからこそ出てくる音やけど
この50キロが“かよわい女子”には曲者・・・笑

あ、そうそう、
ライブが始まる前に社員さんのどなたかに
「いくつ~?」と訊かれました。
“まぁ~レディに歳を訊くなんて!!”と思ったその瞬間、
「女子大生??」とお尋ねいただきました♪
メンバー一同より改めてお礼を申し上げます。
ありがとうございました~!



先日の練習にて。

ポロッコリー初見大会
写真は、ちっちゃい楽譜に3人寄ってたかって、
初見大会しているところです。

この春から開講予定の鍵盤ハーモニカ講座の準備をしていました。
初開講ということで、やることがたくさん!

初心者の方にも、楽器経験者の方にも
楽しみながら取り組んでいただける講座を目指して
準備に奮闘しております。
新しい事を始めるってとっても大変だけど、とっても楽しい!



『大人のための鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)教室』 受講生 募集中!
・NHK文化センター梅田教室にて
・毎月第1土曜日13時~
 (初回のみ、第2土曜日の5月12日です!)
※初回開講日が4月→5月に変更となりました。

初めての方から経験者まで、お気軽にご参加ください。
★お申込み・お問い合わせはNHK文化センター梅田教室へお願いします
 TEL 06-6367-0880
 ホームページ http://www.nhk-cul.co.jp/school/umeda/


皆さん、是非お家に眠っている鍵盤ハーモニカに
息を吹き込んであげてくださいね。
ご参加お待ち申し上げます。




今回の訪問に際して、
いつも大変お世話になっているKさんより、
「30分程度のミニライブをやってもらえませんか?」
とのご依頼をいただきました。
終業後、工場の人たちに聴かせたい、とのこと。

そりゃもう光栄なお話ですし、
Kさんには足向けて寝られないほどお世話になっているので
ふたつ返事でお引き受けしましたけど、
観客は楽器を作ってらっしゃる方々、
楽器に詳しいことはもちろんですし、
みなさん音楽のこともよくご存知でしょうし、
これはたいへんなことになった…と思いました。

しかも、移動の制約上、
いつも使っている楽器や小物、飾り(!?)を持っていけないので
どうにも勝手が違う。
(このへんは今後の課題・・・。)


そんなこんなの工場見学後のミニライブ。
終業後のお疲れの時間帯にも関わらず
たくさんの方々にお集まりいただき、
(たぶん聴きに行けという訓示があったのでしょう…笑)
曲が終わるたびにあたたかい拍手をいただきました。

そして演奏後は、
楽器を演奏する側と、作り手と、
双方が質問したりされたり、
とっても有意義な時間を過ごすことができました。
これこそ本社訪問ならでは!

鈴木楽器のみなさま、
本当にありがとうございました!

マウスピースの件、
気長にお待ちしております!


鈴木楽器表敬訪問




鈴木萬司さん銅像

こちらは、鈴木楽器創業者の鈴木萬司さんの銅像。
りりしく鍵盤ハーモニカを抱える銅像。
すばらしい。

銅像が立つくらいだから、
えらく昔の人かと思いきやご存命。
会長さんであらせられます。
すばらしい。

たしか以前に
会長さんは「知床旅情」がお好きと伺ったので
会長さんのために曲のアレンジを試みたけど、
どうも難しくて挫折。


鈴木楽器表敬訪問3へ続く~

↑このページのトップヘ