つば抜き穴を閉じるフタ(?)が壊れた・・・。
というか、割れた。ガーン。

今日みんなで練習してて、途中で気づきました。
いまのところ、まだ音はなんとか鳴るんやけど
これで16日の本番中にほんとに音が鳴らなくなったら困る!

いつも大変大変お世話になっている鈴木楽器さんの元へ
いそいで修理に出そうかと思ったけど、
本番まであと1週間もないこの時期…
間に合わなかったらどうしよう…
宅急便受け取れなかったら終わりやし…

一瞬焦ったけど
次回ライブは幸いにしてケンハモ3本でOKなプログラムなので
マイ楽器はお休みさせて、
メンバーの楽器を借りることにしました。
不幸中の幸いです。

そんなわけで、
今日の練習でも、途中からメンバーの楽器を借りて吹きましたが、
吹いてみてびっくり!

『音が違う~!鳴り方が違う~!抵抗が違う~!』
なんで!?

鍵盤ハーモニカって、楽器の個体差がないというか、
奏者の個人差があまり出ないというか
管楽器や弦楽器ほどには差が出てこない
と、私は思ってるんですが、
それでもないなりにあるもんやなーと改めて思いました。
(当たり前っちゃ当たり前の話ですが。)