4年に1度の2月29日、
ついに念願の、鈴木楽器表敬訪問!


鈴木楽器の工事
こちらが工場。
道路をはさんでお向かいに本社ビルがあります。

本社のみなさまのご厚意で工場を見学させてもらったんですけど、
予想以上におもしろかった!

見たこともないプレスの機械とか。
いろんな形の金型とか。
ズラリとならぶリードプレートなどなど。
すべてに興味津々!

いちばんおもしろかったのは
全自動でリードのチューニングをする機械。
 ↓ ↓ ↓
チューニングマシン

機械が音の高い低いを判断して、それに応じてリードを削る、という。
(作業が速すぎて、写真では肝心な部分がぼやけちゃっています。)
さすが日本。さすが鈴木楽器。
楽器の種類によってはこれと同じ作業を手作業でなさっていました。

私たちが周囲でやかましく騒いでも
黙々と作業をお続けになる従業員のみなさん。
まさに職人さんだな~と思いました。
そうそう、ものすごい早弾きで音チェックをされるベテランさんにも驚きました。

その他さまざまな工程を見学して
こうやって楽器ができるのかー!と感慨深く拝見しました。
とにかく見ていて飽きることがなかったです。
おとなの社会見学っておもしろい!




鈴木楽器表敬訪問2へ続く~